メディカルダイエット

痩せたい…スリムになりたい…女性のみならず、永遠のテーマのようなものです。誰しもが楽してダイエットを望むものです。…医学の進歩によりこの楽してダイエットが現実味を帯びてまいりました。当院では、食欲中枢に働き食欲を抑制させる薬や脂肪吸収阻害剤などを用い安全なダイエット治療を指導・実践しています。

現在、日本で発売されている医家向薬品(医療機関用の薬品)も海外からインターネットで安価に個人輸入できるようになっています。しかし、無秩序に脂肪吸収阻害剤や食欲抑制剤を使用し健康を害しその副作用で思わぬ病気になるケースも増えております。これらの薬剤は、正しい使い方と適切な専門医の管理が必要です。薬は、正しく使わないと毒に変ることがあります。当院では、適切な検査を行いながらこれらの薬を組み合わせて安全なメディカルダイエットを行っています。

料金

検査から実際の処方、適切な生活・食事・運動などの指導を含みます。
尚、高度肥満(BMI35以上)の場合は、サノレックスは保険適応がききますので下記の値段より割安となります。
(税込み)
ゼニカル84錠 16,500円
サノレックス28錠 22,000円
採血(脂質検査) 3,850円
初診料と再診料が別途必要となります。

池袋東口徒歩3分|池袋セントラルクリニック|メディカルダイエット

池袋セントラルクリニックで使用する薬剤

当院では、個々の患者様に合わせて以下の薬を組み合わせてダイエットメニューを作成しています。

脂肪吸引阻害剤

池袋東口徒歩3分|池袋セントラルクリニック|脂肪吸収阻害剤:Xenical(orlistat):ゼニカル

脂肪吸収阻害剤:Xenical(orlistat):ゼニカル

作用
ゼニカルは、通常の食事に入っている脂肪の吸収を阻害する事によって作用する肥満管理のためのリパーゼ阻害剤である。 現在、最も安全なダイエット・ピルとして世界的に注目されているのがこのゼニカル。ロシュ社が開発、1998年の発売以来、ヨーロッパをはじめとする17カ国で100万人以上の肥満患者の治療に処方されています。その作用は、食べた脂肪分を腸内で吸収させずに排出。…腸は、脂肪を吸収するには脂肪分解酵素の働きが必要であるがゼニカルがこの酵素の働きをブロックし、脂肪分の吸収を阻止するというメカニズム。またゼニカルは吸収されなかった脂肪分を便として排出し余分な脂肪分が体内に蓄積される事を防ぎます。肥満の原因の殆どがカロリー摂取オーバーなので最も高カロリーな脂肪分を吸収させずに体外へ排出する事は、極めて合理的なダイエット薬と言えます。
注意事項
ゼニカルは、脂肪と融合しやすい栄養素の吸収を妨げます。その為本来なら吸収されるはずの油が自覚無しで肛門から排出される油漏れを起こす可能性があります。気づかない間に下着を汚してしまう恐れがありますので対策としてはナプキンや尿取りパッドを使用されて下さい。β-カロチンやビタミンEは吸収されにくくなりますので野菜や果物を多く摂取するバランスの良い食事を心掛けて下さい。また妊娠中や授乳中の方は内服できません。食直前又は食事中に内服し、1日3回を限度としますが1日の食事が2回の方は1日2回の内服で結構です。食事をとらない場合は内服はできません。

食欲抑制剤

池袋東口徒歩3分|池袋セントラルクリニック|食欲抑制剤:Mazindol:サノレックス

食欲抑制剤:Mazindol:サノレックス

作用
マジンドール(商品名:サノレックス)は食欲抑制剤として我が国で初じめて承認された薬剤です。本剤は高度肥満症(肥満度が+70%以上またはBMIが35以上)における食事療法及び運動療法の補助に用いられています。肥満で悩む人にとって福音ともいえる薬剤ですが,その薬理学的特性は向精神薬第三種に分類され覚醒剤(アンフェタミン類)に類似しており依存性に十分な注意が必要です。また長期に渡る連用は、依存性や耐性などの点からも避けなければなりません。
注意事項
脳内の摂食(食欲)調節中枢へ直接作用して食欲を抑制、消化吸収を抑制(胃酸の分泌を抑える)し、更に熱産生を促進することで代謝を良くして痩せることを目的にした薬です。通常は1日1回昼食前(20分~30分前)に内服します。一般的な副作用として口渇感、便秘、口中苦味感はよく見られますので中止せず経過観察しながら継続内服します。重大な副作用として労作性呼吸困難、胸痛、失神などが出現する場合は内服は中止致します。必ず医師の指示に従って頂き、自己判断での内服は行わないようにして下さい。

池袋東口徒歩3分|池袋セントラルクリニック|メディカルダイエット